【ヨガが私にくれたもの】「自分らしさ」を見つめた高野真利の転身ストーリー

 

ヨガを始めるとさまざまな変化を感じるもの。

体の変化、心の変化、ライフスタイルの変化など、あらわれかたは人によって異なります。

ここでは、ヨガが人生にもたらした影響を実話に基づいてご紹介します。

 

今回は、ヨガインストラクター高野真利さんの「自分らしさ」を追求したキャリアチェンジにクローズアップします。

 


 

【高野真利 プロフィール】

 

 

【資格】

全米ヨガアライアンス200取得(ヨガプラス主催、yogaworks)

全米ヨガアライアンス500取得(ヨガプラス主催、yogaworks)

yogaworks公式アンバサダー

AVEDAアンバサダー

nature people

FINCアンバサダー

@cosmeビューティスペシャリスト

 

【出演イベント・メディア】

Yogini,ヨガジャーナル,Honda Cars Web CM

オーガニックライフ東京/Yogafest/YOGA JAPAN/Aloha Yokohama/東京タワーASAYOGA/フィットネスセッション 等多数

 

 

某大手商社営業として多忙な日々を送るなかヨガに出会い、インストラクターに転身。

 

samayoga(サマヨーガ)主宰。

ヴィンヤサヨガ、パワーヨガを得意とする。

 

Yogini、ヨガジャーナルへのモデル出演、CMや映画でのポーズ監修、大規模ヨガイベント出演など活動の幅を広げている。

 

 


 

ヨガに出会う前

 

 

某大手商社の営業職として多忙な日々を過ごしていたMariさん。

質・量・スピードを求められるなか、自分のことより仕事を優先させることも多く不規則な生活が続いていました。

当時は仕事に追われ、生活のリズムや食事のバランスも崩れがちに。

気づくと夜型の生活になってしまっていたそうです。

 

そんなとき、運動不足解消とダイエットのために始めたのがヨガでした。

 

 


 

ヨガから学んだ「頑張らなくていい」

 

 

「初めてヨガのレッスンを受けた日、体だけでなく心も軽くなったことに気づいた」

と話すMariさん。

 

特にMariさんに衝撃を与えたのが、インストラクターの

「頑張らなくていいですよ」

という言葉だったそう。

 

過酷なビジネスシーンで、日々「頑張る」ことを当たり前のように自分に課していた当時のMariさんにとって、その言葉との出会いは、新たな世界観や価値観との出会いでもあったのでしょう。

言葉のパワーにも癒され、ヨガを終えた後、とてもリラックスできたそうです。

 

 


 

ヨガインストラクターに転身することを決意

 

 

エクササイズとして始めたヨガにいつしか夢中になり、徐々に仕事とヨガを両立する日々にシフト。

ヨガを深く学んでいくことが理想の将来像を見つめ直すことにもつながりました。

 

そんななか、仕事に関して「このままの状況では難しい」と感じたことがきっかけで、転職を意識するように。

そして、

 

「ヨガを通して毎日をポジティブに過ごせるようになった経験を、多くの人に伝えたい」

 

という想いからインストラクターに転身。

 

現在はマットの上だけでなく、日常生活に活きるヨガの教えを大切に伝えているMariさん。

ヨガの哲学を取り入れた心と体に効くレッスン、心地良い声と語り口、初心者にも分かりやすい指導やカジュアルな性格が人気です。

 

 


 

心と体の変化

 

体だけでなく、心にもバランスを取り戻してくれるヨガ。

 

 

「やはり体と心は繋がっていると感じています。」

 

と話すMariさんはもともと頑張りすぎで疲れやすい性格だったそうですが、ヨガの動きや哲学に触れ、頑張りすぎず良いバランスを保てるように変化。

それに伴うように、筋肉質でがっちりとしていた体からしなやかな体に変化したそうです。

 

 


 

現在のヨガライフ

 

 

インストラクターとして多方面で活躍しつつ、週3回マイソールクラスに通ってアシュタンガヨガの練習に励むMariさん。

それ以外の日は、自宅で練習をしたりハタヨガの先生のもとで練習をしたりと、ヨガの追求を続けています。

 

 


 

ヨガが私にくれたもの

 

「安らぎ」

 

 

責任感が強く頑張り屋で、人に与えることを喜びとするMariさん。

活躍の舞台をビジネスシーンからヨガに変えることで、持ち味がよりイキイキと発揮され、周囲にもご自身にもより多くの喜びを与えられるように。

 

日々たのしみながら追求し、吸収し、独自のフィルターを通して多くの人にヨガを伝える。

高いレベルでインプットとアウトププットを繰り返し、自他をつなぐ循環の中で、Mariさんは確実な「安らぎ」を手にしました。

 

自分の声にきちんと耳を傾け、本来の自分の姿を直視し、ありのままに受け止めて自分を愛し、他人を愛する。

ヨガを通じて得た確実な「安らぎ」は、きっとこれからもその豊かさを増していくことでしょう。

 

 

「これからもさまざまな国でいろいろなヨガに挑戦してみたい」

 

と話すMariさんの今後の活躍から目が話せません。

 

 


 

読者の方に伝えたいこと

 

多忙な現代社会を生きる私たち。

Mariさんが感じたことや歩んだ軌跡を、「他人事ではない」と感じた人も多いのではないでしょうか?

理想の自分を追求することはたやすいことではありませんが、Mariさんの生き方が皆さんにとって大きな力や勇気になれば、と願います。

 

最後に、Mariさんから読者の方に向けたメッセージをご紹介します。

 

 

「現代には多種多様なヨガがありますが目指すところはみんな同じ、『心の平和』です。

是非色々と体験をして自分にあったヨガを見つけて下さい。

きっと素晴らしい気づきを得られると思いますよ。」

 

 

Instructor

  1. 荻野恵理
  2. 高野真利
  3. maaya