初めてのヨガレッスンを楽しむための7つのコツ

 

 

春の訪れを感じるこの季節。新しいことにチャレンジする方も多いのでは?

そこで今回は、初めてヨガレッスンに行くときに役立つ7つのポイントをご紹介します。

 

 

①「気分を上げるアイテム」を用意する


 

    

 

好きなデザインのヨガマット、お気に入りのウエアなど、こだわって選んだヨガアイテムを持って行きましょう。

ワクワク感が高まって、モチベーションもさらに上がります。

 

 

 

②「今すぐなんとかしよう」と思わない


 

初めてのヨガでは、いろいろなポーズを最初から完璧にこなそうと急がないことが肝心です。

ヨガで一番大事なことは、時間をかけて自分の心と身体を理解していくこと。

最初から「なんとかしなきゃ」と思うと、ヨガに集中できなくなってしまうので、勇気を出してサヨナラしちゃいましょう。

 

 

③ツライところまでがんばらない


 

 

ヨガインストラクターの美しいポーズを見ていると、つい

「痛いけどもうちょっとがんばれば近づけるかもしれない!」

という気持ちになりがち。

でも、そこは意識してストップしましょう。

身体を痛めるだけでなく、そもそものヨガの目的からも外れてしまいます。

 

「自分が心地よいと感じるポイントはどこまでか」を探る気持ちを大切に。

 

 

④「自分ワールド」を作る


 

 

さまざまな人が集うヨガクラス。

ついやってしまいがちなのが「自分と他者との比較」です。

身体の稼動域は人それぞれ。他の人と自分を比べることは身体にも心にもよくありません。

不要な気持ちは捨てて、できるだけ「自分ワールド」に意識を向けてみましょう。

 

 

⑤「1に呼吸 2に呼吸」


 

ポーズにばかり意識を向けがちなヨガですが、大事にするべきは「呼吸」。

呼吸に意識を向けることで、自分にとって最適なポーズのポイントも見えてきます。

息を吸ったり吐いたりするたびに内臓をマッサージするようなイメージで、呼吸にフォーカスするよう心がけましょう。

 

 

⑥「自分のペース」を探る


 

 

日常生活では、何かと他者のペースに合わせることが要求されがち。

 

初めてのヨガクラスでも普段の要領で

「周りにちゃんとついていかなきゃ」

と思いがちですが、ぜひヨガの時間は「自分ペース」にシフトチェンジしてみてください。

最初はむずかしくても、だんだん感覚的に覚えていくことができますよ。

 

 

⑦「ありがとう」のキモチ


 

 

ヨガは精神面の解放や成長にも役立ちます。

ヨガを行うことで、自律神経が整い穏やかな感情が育っていくのです。

もともとヨガには、「宇宙との一体感」を目指すという目的があるだけに、フィジカルだけでなくメンタルに大きな影響をもたらします。

 

そこで大事なのが「ありがとう」の気持ち。

自分がつながっている万物に対して手を合わせることで、ヨガレッスンの大事な目的をクリアしたことになります。

 

 

 

いかがでしたか?

初めてのヨガレッスンは、分からないことだらけで心配なことも多いかと思います。

でも、誰にだって「初めて」はあるのです。

 

「どうしたら自分にとって心地良いか」

ということに意識を向けて、ヨガの時間を楽しみましょう。

 

Instructor

  1. 荻野恵理
  2. 高野真利
  3. maaya