1分でわかる!「ヨガの起源・歴史」早わかり簡単解説

 

 

すっかり身近な存在となったヨガですが、その起源はさかのぼること数千年前。

今回は、いまさら聞けない「ヨガの歴史」を簡単におさらいしてみましょう。

 

 

ヨガの起源


 

 

インダス文明にさかのぼるといわれるヨガの起源。2500年前頃、当時の修行法として、ヨガの前身の文化が存在していたことが確認されています。

その後、時代を経て、インドにアーリア人がやってきます。彼らによって、それまでのインドで古くから継承されてきた修行法をもとに、最初のヨガの形がつくられました。

バラモン教を信仰していたアーリア人たちは「あらゆる自然に神が宿っている」と信じ、「祈りを行うことで、神とつながる」と提唱。

紀元前1000年頃、彼らの祈りの儀式や手順が記載されたヴェーダ聖典がまとめられました。これが現在のヨガの起源といわれています。

 

 

ヨガの歴史


 

 

■紀元前800年~紀元前200年

「ウパニシャッド」というバラモン教の奥義書の中にヨガという言葉が確認されています。このころ、ヨガはおもに瞑想や座法を目的としたものでした。

 

■2世紀~4世紀頃

インドの哲学者パタンジャリが「ヨーガ・スートラ」という経典を編纂。

「ヨーガ・スートラ」にはヨガを行うためのの具体的な方法が記されています。

このころもまだ現在のヨガのようにポーズはなく、あくまで「信仰のための祈り」という意味合いがメインでした。

 

 

■1000年頃

それまで瞑想や座法をメインにしていたヨガに加えて「アーサナ(ポーズ)」と「呼吸法」を取り入れた「ハタ・ヨガ」が誕生。

現在のヨガはこの「ハタ・ヨガ」が派生したものといわれています。

心身のコントロールを行い、自分を見つめなおすという目的も今と同じです。

 

■1970年頃

ヨガの文化は世界に広がります。アメリカではおもに、ヨガが内面に働きかける要素とヒッピー文化の要素が共鳴した形で広まりました。

 

■1990年頃

美容・健康に効果的なエクササイズとしてハリウッドセレブの間でヨガが流行。このブームが徐々に世界中へと広まり、現在に至ります。

 

 

 

日本におけるヨガの歴史


 

■日本にヨガを伝えたのは空海

日本で最初にヨガが取り入れられたのは、なんと、平安時代。真言宗の祖である空海によって伝えられたとされています。

当時のヨガは、あくまで仏教の修行として用いられていました。現在でも禅宗の「座禅」はその当時から残っているヨガのひとつの形です。

 

■2000年以降のヨガブーム

ハリウッドセレブが火付け役となり、世界的に人気が高まったヨガ文化。そのブームは日本でも広がりました。

当初は美容効果やダイエット効果への期待から若い女性を中心にヨギが増加。その後、ヨガがもたらす健康やメンタルへの効果も注目され、現在では女性のみならず男性にも人気です。

 

 

歴史を知ってヨガをもっと好きになろう


 

 

ヨガの壮大な歴史と深い宗教観を理解することで、心構えもよりあるべき姿に近づきます。

起源や歴史を通じて、ヨガが持つ本来の意味をおさらいし、豊かなヨガライフを送ってください。

 

Instructor

  1. 荻野恵理
  2. 高野真利
  3. maaya