「ヨガは朝が効果的」な理由&おすすめ簡単ポーズ3選

 

ヨガを行う時間帯として、朝が効果的なのをご存知ですか?

なぜ「ヨガは朝が効果的」なのか、その理由と朝ヨガにぴったりの簡単にできるポーズをご紹介します。

 

 

 

ヨガは朝が効果的な理由


 

ただでさえ忙しい朝。やるべきことは少しでも減らしたいところ。

「朝は少しでも長く寝ていたい」という人も多いことでしょう。

 

それでもオススメしたい朝ヨガのメリットをご紹介します。

 

 

 副交感神経から交感神経への「切り替え効果」 


 

 

身体を休息させる役割を担う「副交感神経」。寝ている間はこの副交感神経が優位に。

逆に、心身の活動的な働きを促すのが「交感神経」。日中はこの交感神経の働きが活発になります。

 

朝起きたての心身は、まだ副交感神経がメインの状態。いかにスムーズに交感神経へとスイッチできるかが、その日のメンタルとパフォーマンスの決め手となります。

 

朝ヨガを行うことで、眠たい朝の心身から目覚めへと上手に切り替わるため、結果としてより効率的に日常のスタートを切ることができるというわけです。

 

 

ほかにもある!「朝ヨガ」のメリット 


 

朝ヨガには、ほかにもこんなうれしい効果が。

■内臓の動きを助け、消化機能をアップ

■腸の働きを活性化し、便秘解消に効果的

■呼吸により、酸素を全身に取り込むことで1日の代謝を上げる

■血液の循環を良くし、眠っていた身体をスムーズに目覚めに導く

■寝ている間に固まっていた筋肉をほぐすことで、身体の動きを軽くする

 

朝ヨガを行うときはカーテンを開け、できるだけ朝の光を取り込んでみてください。

太陽を浴びることで「幸せホルモン」と呼ばれるセロトニンが活性化し、前向きな気持ちを高めてくれます。

 

 

 

「朝ヨガ」をするときのポイント


 

忙しい朝にヨガを行う時間と場所を確保するのは、なかなか大変。

そこで朝ヨガが負担にならないように、起きたついでに短い時間で行うお手軽なヨガをご紹介します。

ポイントはこの3つ。

 

■簡単にできるポーズを選ぶ

■短い時間でできるヨガを選ぶ

■寝起きのままベッドの上で行う

 

朝ヨガは、継続して行うことが大事。

気楽に毎日の日課として取り組むことで、効果を実感できます。

 

 

忙しい朝におすすめ!簡単ヨガポーズ3選


 

忙しくて眠い朝。ベッドの上でできる簡単ヨガポーズを3つご紹介します。

 

■橋のポーズ

 

腸の働きを整えるので、便秘解消に効果的です。

 

①足を腰幅に、膝を立てた状態で仰向けになります。

②そのまま吐く息とともに、ゆっくり腰をもちあげます。膝から腰にかけてまっすぐ一直線になるように。

③肩甲骨を引き締めるようにし、あごを引いた状態で、そのまま1分間ほどキープ。

 

 

■猫のポーズ

 

肩・肩甲骨周りをスッキリほぐして1日爽快。

 

①手を肩幅に、足は腰幅に開いた状態で、四つんばいになります。

②吐く呼吸とともに、背中をゆっくり丸めます。お腹をのぞくように頭を下げ、そのまま3回ほど呼吸を続けます。

③次にゆっくり背中を反らせ、おしりを天井に突き上げるようにした状態で、胸を張ってください。

④そのまま3回ほど呼吸をします。

⑤①~④を3回繰り返します。

 

 

■ダウンドッグ

 

全身の血流を促し、疲れにくい身体に。

 

①うつぶせになり、手を肩幅に床に。そのままぐいとお尻を天井の方に持ち上げます。

②頭を腕の中に入れ、「手から肩」「肩から足」が直線になるようにします。床と身体で三角を作りイメージ。そのまま30秒キープ。

③しばらく呼吸を続けた後、余裕があれば片足ずつ交互に踏みしめるようにし、ふくらはぎを中心に脚の裏側を伸ばします。

 

 

朝ヨガで1日を快適に過ごそう


 

 

ついボーっとしてしまいがちな朝ですが、起きたついでにちょっぴりヨガタイムを作るだけで心身ともにその日がグっと軽やかなものとなります。

ぜひ毎日の日課に「朝ヨガ」を取り入れて、前向きで快適な1日を過ごしてください。

 

 

Instructor

  1. 荻野恵理
  2. 高野真利
  3. maaya