骨盤の歪みに効く!簡単おすすめヨガポーズ3選

 

 

上半身と下半身をつなぐ、身体にとって重要なポイント「骨盤」。

今回は、骨盤歪みの原因を探るとともに、効果的で簡単なおすすめヨガポーズを3つご紹介します!

 

 

骨盤が歪むおもな原因


 

骨盤の歪みの主な原因は、アンバランスな身体への負荷。

次のような項目に当てはまる人は要注意です!

 

■片方の足を組む

■ハイヒールをよく履く

■立っているとき、重心を片方の足にかける

■長時間デスクワークで同じ姿勢が続く

■片方の歯で噛む癖がある

■いつも左右どちらかの肩でバックを持つ

■毎日同じ方向を向いて寝る

 

 

 

骨盤の歪みを放っておくとどうなるの?


 

歪んだままの骨盤を放置しておくと、身体にやっかいな影響をもたらす可能性があります。

 

■スタイルへの影響

ヒップが垂れやすくなるほか、太ももに余計な脂肪がついて下半身太りに。また、骨盤が前に開いている歪み方をしている場合、姿勢が反ることで下腹部がポッコリしてしまうこともあります。

 

 

■健康・美容への影響

骨盤が開いて歪む場合、胃などの内臓部分が下がってきやすくなります。すると子宮や腸へ圧迫が加わり、「便秘」「不眠」「尿漏れ」「生理痛」を引き起こすことも。

また、圧迫を受けた内臓が原因で、肌荒れにもつながります。

 

 

 

骨盤の歪み解消!おすすめヨガポーズ3選


ここで、骨盤の歪みを解消してくれる、おすすめヨガポーズを3つご紹介します。

 

 

「ワニのポーズ」

 

 

■効果

体幹を強化し、腰痛を緩和。便秘解消やリラックスにも効果があります。

 

■やり方は?

① 仰向けになり、左右の腕を横に伸ばして、手のひらを下にした状態で床につけます。

② 膝を90度に曲げ、ふくらはぎが床と平行になる状態に持ち上げます。かかとを張り、足の指先は天井を向くように。

③ 足を曲げたまま、左にゆっくり倒します。床につかないようキープし、目線は天井に向けたまま3呼吸ほど繰り返します。

④ ②の姿勢に戻し、今度は右にゆっくり倒して同様に行います。

⑤ ①~④を3回ずつ行います。

 

 

「木のポーズ」

 

 

■効果

身体の左右バランスを改善。

集中力アップと内臓機能の調整に効果的です。

 

■やり方は?

① 足を腰幅に広げ、直立します。

② 右の足に体重を乗せ、左足の裏を曲げて右足の内ももに押し付けるようにし、片足立ちの状態に。

③ 息を吐いて胸の前で合掌し、合わせた手を上にまっすぐ上げて5回呼吸を繰り返します。

④ 右足と左足を交換して①~③を行います。

 

 

「トカゲのポーズ」

 

 

■効果

股関節のストレッチ効果、体幹強化に適しています。太ももの柔軟性を高め、骨盤調整にも効果的。

 

■やり方は?

① 手は肩幅・足を腰幅に開き、四つんばいになります。

② 右足を踏み込んで、右手の横に置きます。

③ 左足は後方へぐっと伸ばし、そのまま膝を曲げ、状態を前方に倒した状態で呼吸を3回ほど繰り返します。

④ ゆっくり①の状態に戻り、左右の足を入れ替えて同様に行います。

 

 

骨盤の歪みを解消して、身体を整えよう!


 

 

放っておくとやっかいな骨盤の歪み。

せっかくケアをしても、無意識な生活習慣によって歪みががもどってしまう、なんていうことになったら、もったいないですよね。

ぜひ、日々のヨガによる骨盤ケアで歪みを調整し、身体を整えてください!

 

Instructor

  1. 荻野恵理
  2. 高野真利
  3. maaya